雑記:トラリピ両建てを見直していきます

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

どうもKiariです

前から言っていたことですがトラリピの設定を見直していきます

現状設定は複雑と言うか裁量の要素が強く、連続予約注文とちがって公開出来ていません。

実際は各通貨ペアのレンジ中心を基点に、

レンジ上は買いと売りの両建て逆指値。買いは10~20銭毎に設定、売りは10銭毎で利確幅は通貨ペア毎に違います

レンジ下を買いのみ逆指値。買いは10銭毎に設定して、利確幅は通貨ペア毎に違います。

としています

注文の仕方が特殊で、トラリピと言いつつ全て逆指値を中心としたトラリピを仕込んでいます。そうすることで瞬間的に始まる急落時の建て玉を最小にするためです。

今回はこの両建ての売りポジの設定をもう少し薄くします

従来は急落のリスクヘッジと運用効率のために両建てしていましたが、最近はマイナススワップが無視できないレベルになってきました。

現状はプラスとマイナスのスワップ差がマイナス優勢でプラスにたいし3~5倍のマイナススワップがついてます。流石に差がありすぎで、金利の上がってきた米ドルペアが特にきついです

先週19日週ははマイナススワップの方が利確幅よりも多くなっています。

トラリピ自体はスプレッドの広さと決済トレールから利確幅は広目が良さそうですが、その分短期では利益が安定せずに大きいマイナススワップがおしかかってきます

なので一部の両建てペアは売りポジを減らして、レンジ形成時の1日の値動きが小さくスワップが大きくなった米ドル円辺りは連続予約注文に移動する予定です

そのあとも多少の資金配分を変更しつつ、トラリピと連続予約注文を併用していきます。

 

では今日はこの辺で
本ページを読んでいただきありがとうございました。

最後にこの手のブログのお約束ですが、
・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。
・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します

↓Kiariが使っている投資関連の会社です。↓

最小取引通貨量1通貨から投資ができるSBIFXトレードは以下バナーから口座開設可能です
SBIFXトレード

FXを貯金感覚で自動積立が可能な積立FXも以下バナーから開設できます
積立FX

Kiariがトラリピを運用しているマネースクエア の口座は以下から開設できます 元祖リピート系で利益最大化の決済トレールが超強力です
マネースクエア

マネーパートナーズの口座開設は以下バナーから開設できます
最小取引通貨量が100通貨なので少額投資でスワップ投資やリピート系注文ができます。メキシコペソも取り扱ってます
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

細かい設定ができるリピート系注文が売りのインヴァスト証券「トライオートFX」は以下バナーから口座開設可能です
インヴァストカードというクレジットカードのポイントを投資に使用するサービスも取り扱っているお勧めの証券会社です


本家ループイフダンを扱っているアイネット証券の口座開設は以下バナーです
リピート系注文でを簡単な操作で運用が可能です


KiariがFX以外の投資運用をしているSBI証券は以下バナーから口座開設可能です。
投信や株式以外にFXやCFD、ロボアド等多種多様な投資商品をそろえおり、口座開設無料、各種手数料も安く投資を始めてみようと思っている方にはお勧めです
SBI証券口座ならネクシィーズトレードで。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。